ゴールドワン ゴルフスクール

あなたのスイングを強くする

G1スイングは右軸ターンだから飛ぶ!

youtu.be

日本の皆さんのスイングを見ていると、再現性のある一貫したものがないといつも感じてしまうんです。頭を動さずに球を見続けるとか、手を返してヒットするとか悪癖の継続ばかりに費やしていることが多いと思います。

 

皆さんがもっと着目すべきことは、「軸回転」で駒のようにその場でくるっと回れているかなんです。それも球に合わせにいくんじゃなくて、軸を決めて自分中心の回転スイングをすること。

 

僕らでも一番最初に見る観点はそこなんです!首の付け根から肛門を貫通して地面に刺さる(背骨の延長)軸を中心にスパんっと回れてるかなんです。やっぱり片手ハンデクラスになると、その軸がしっかりしてますよね!

 

一昔前までは、トップで右足に荷重した後、背中を目標に向けたまま、左腰を飛球線方向に直線的に移動させながら左足の上で回転して(バンプとカバーリングザボールいう動作)、フォローで両腕をしっかり伸ばしてボールを捕まえるという二軸打法の時代がありました。正面から見た軌道は当然楕円軌道です。

 

それに比べ現代打法である右軸ターンは、その場回転で軸を移動させない。背中越し(目標の45度左)にハンマー投げのイメージで、軸の周りをまーるく振るからヘッドの回転半径が変わらない。あくまでもボールは通過点で、振ったらそこにあったボールがたまたま飛んで行ったぐらいの感じです。

 

軸の移動のあるないもそうだけど、二軸打法はフォローで両手を目標方向にしっかり伸ばして頭とクラブヘッドで引っ張り合うエクステンションがあり、右手を返してボールを捕まえにいく打法なので、ボールへの意識が強くなる。

 

それに対し右軸ターンは裏面ダウンの動作でシャフトの内側が体に巻きつきながら右脇腹前に落下。ハーフウェイダウンでグリップエンドが右45度を指しフェース面が真上を向いたと思ったら、次の瞬間グリップエンドは左腰横のスロットルへ最短距離で向かっている(向心力)。するとヘッド側は円軌道の外に膨らもうとする遠心力が加わり、何もしなくてもフェース面はボールに対しスクエアに戻ろうとする力が加わります。フォローでもへそとグリップエンドの距離がアドレス時と全く変わらず、体の回転によってまーるい軌道が作られます。

 

よく野球のバッターに例えられますが、全くその通りです!MLBの野球をよく見ますが、7、8割り後ろ足に荷重を残し、下半身リードと腕を短く使い、その場でスパンッと回転してホームランを量産。背中が正面を向くまで回転して振り切っているのが印象的だ!

 

ボールを呼び込んで、自分中心の打点とその場回転を実践してるから一貫性が高い!肩を開かずに肘を上手く畳んでバットがしなって下りてくるから角速度(タメ)が半端じゃない。だから遠くへ飛ばせるんだね!

 

ゴルフも同じです!右軸で胸の面を開かずに下半身リードで捻転差を広げ、背中越しを感じてクラブをインサイドからまーるく振って、目標の45度左に放り投げられる感覚になったら、必ず飛ばせます!諦めずに実践してください!

ゴルフダイジェストに掲載されました

f:id:a_itabashi:20181113092938j:plain

本日発売のゴルフダイジェストに

 

「カラダにやさしいG1スイング」で掲載されています。

 

ぜひご覧ください。

f:id:a_itabashi:20181113093003j:plain

日本の皆さんが、手を返さないボディーターンスイングをどのように評価するか楽しみですね!

 

〜板橋 繁帰国前最後のインドアレッスン募集開始〜

〜12月のレッスンも募集開始〜

〜土田コーチのグアムキャンプも受付始まりました〜

詳しくはHP

ゴールドワンゴルフスクール

裏面ダウンのためのG1のトップスイング

youtu.be

正直トップスイングというのは、あまり気にしたことがない。クラブの遠心力に任せて、フワッと勝手に上がっちゃうからだ。

 

でもここにきて、G1ファンの皆さんに黄色信号!あまりにもシャットフェースであげる人が多いからだ。実はトップでフェースが上を向いて出前持ちスタイルにすると、G1で推奨する裏面ダウンで下ろすことができないんです。

 

動画でも言ってるけど、バックスイングで体を捻転するには、両肘と両腰が向き合い、右肩と一緒に後方に回さないと捻じれないんです。それを、テークバックでフェースがボールを向きながら飛球線に沿って真っ直ぐ上げたら、この回転ベクトルとマッチしないし、なぞっているだけになるんです。このように右手が上になって上がると、トップの収まりが悪いし、力みも出て、スイング自体の勢いを逸してしまいます。

 

クラブを左腰に当てるバックスイングドリル(イメージシャフト推奨)を練習してください!前述した両肘・両腰・右肩の三点を同調させながら後方に引き、クラブのトゥが上を向いてお尻のライン後方にさしかかるタイミングで右肩上方に上がっていく。この時、右手がグリップの下にある感覚で上がっていき、トップでは右手甲側が立って左手親指の腹でグリップを下から支える形がベストです!

 

動画ではトップで左親指の腹で下からしっかり支えていますが、実際のトップスイングの感覚は右耳横あたりで十分です。シャフトが立っているところから裏面に切り返すとタイミングよく打てますが、視界から消えるほどオーバースイングだとキャスティングになりやすいので注意が必要です!

 

G1のスイングはスイング中、「右手が下」の感覚が理解できるようになると、上達が早いです!

クオーツドリルと、G1 Traning Course(Guam)のお知らせ

 

ツッチーです。

 

 

11月の学芸大インドアレッスンでは、クオーツドリルに取り組みました。

 

クオーツドリルは非常にゆっくり、正確にスイングしていきます。

 

ゆっくりスイングすると、なんとなく振れるということはありませんから、悪い癖が顕著にでます。

 

f:id:tsutchii:20181104174702j:plain

写真 クォーツドリル

練習場でのウォーミングアップや、ハーフでの休憩時の確認にも。

 

f:id:tsutchii:20181105091656j:plain

写真  左手一本ドリル

 

f:id:tsutchii:20181104173347j:plain

写真 Do one golf academy入り口(目印は、黄色のテント)

明日で、学芸大インドアが一段落となり、金曜日からはポートアイランドでのレッスンとなります。

 

神戸でお会いしましょう!

 


さて、先日お知らせしたG1 Traning Courseの新拠点に関するお知らせです。

 

お問い合わせに、お答えできず申し訳ありませんでした。

ようやく、要件が決まりました!

 

www.starts.co.jp

 

ホームコースは、Starts Guam Golf Resortです。

グアム国際空港(GUM)から、自動車で25分ほどのホテル併設のゴルフクラブです。

 

日系コースのため、ほぼ日本語のみで過ごすことができ、食事も、日本食です。

味付けもしっかりしているので、喉を通らないということはないと思います。

f:id:goldonegolfschool:20181106214245j:plain

 

初回の開催は、2018年12月21日(金)~12月24日(祝)です。

上記日程のうち、ご希望の日数(3日間、または4日間)での参加となります。

 

========================

○参加費用

・3日間:USD1,200(USD400/day)
・4日間 USD1,520(USD380/day)

 

上記には、ラウンド(周り放題)、レンジボール(4カゴ/日)、カート代が含まれています。

コース隣接のため、ホテルからの送迎はありません。

 

○宿泊

参加期間中は、Starts Guam Golf Resortへ宿泊となります。

部屋単位での料金設定のため、一名、二名同額です。

・一室 USD130/day

 

○ホテル<->空港送迎

片道 USD25

往復 USD50

※予約が必要です。

※ホテルの駐車場は無料のため、レンタカーでの移動も可能です。

========================

 

仮スケジュールは、下記の通りです。

 

-----

○0日目

・午後4時以降 トワイライトプレー(自主ラウンド)

手引きでコースを回ることができます。

ラウンド費用は発生しません。

翌日からのレッスンに備えて、体を慣らしましょう。

 

○1日目

・午前7時~ 自主練習(アプローチグリーン、練習グリーン)

常夏なため、日本では考えられないくらいラフが絡みます。

とにかく芝に慣れます。

 

・午前9時~ ハーフラウンド

ハーフラウンドします。

 

・午前11時~ 課題設定(ドライビングレンジ)

ハーフラウンドを振り返り、各自の目標と課題を設定します。

 

~~~~

各自軽食

~~~~

 

・午後0時~ ショット練習(ドライビングレンジ)

芝のドライビングレンジで、コーチと課題に取り組みます。

アプローチが課題の場合は、アプローチ用グリーンへ移動して、ボールを転がします。

 

各自、課題に応じてラウンド、ショット練習、アプローチ練習に取り組みます。

 

なお、ラウンド数に制限はありません。

午後4時過ぎにカートを返却した後も、手引きでラウンドすることができます。

 

○2日目~4日目

・午前7時~ 自主練習(アプローチグリーン、練習グリーン)

 

アプローチについて、必ず課題設定があります。

課題に応じた練習に取り組みます。

 

・午前9時~ ハーフラウンド

ハーフラウンドします。

 

・午前11時~ ショット練習(ドライビングレンジ)

コーチと課題を確認します。

習熟度によっては、新たな課題を設定します。

 

~~~~

各自軽食

~~~~

 

・午後0時~ ハーフラウンド

コーチとラウンドし、『苦手』を見つけます。

 

・午後2時~ 課題に応じた練習

各自、課題に応じてラウンド、ショット練習、アプローチ練習に取り組みます。

----- 

 

f:id:goldonegolfschool:20181106214438j:plain

グアムのキャンプは、ひたすらゴルフです。

ホテルの目の前がコースなので、脇目も振らずにとにかくゴルフに集中します。

 

かなりハードですが、腕前を上げたい方、一緒に頑張りましょう!

 

オーストラリアと同様、個別受付となります。

興味をお持ちの方は、希望日数(3日間、または4日間)をメール(support@goldonegolfschool.com)にてお知らせください。

秋の那須キャンプも今日で終了

ツッチーです。

 

すっかり秋もすすんで、那須は肌寒くなってきました。

皆さんもいつのまにか長袖です。

 

f:id:tsutchii:20181028234146j:plain

 

 

今回のテーマは『裏面ダウン』

クラブを身体に巻き付ける特訓です!

 

f:id:tsutchii:20181028072430j:plain

写真  正しい動きの解説

 

 

f:id:tsutchii:20181028073226j:plain写真  裏面ダウンの練習(テニスボール投げ)

 

f:id:tsutchii:20181028073750j:plain

写真  午後のショット練習(午前中の復習)

 

那須の芝は、来年の春までお預けとなりますが、国内のレッスンはまだまだ続きます。

次は学芸大のインドアレッスンで、お会いしましょう!

 


G1 Traning Course 新拠点 

G1 Traning Courseに、新たな拠点が加わることになりました。

12月以降(1月開始かもしれません)に、オーストラリアと同形式のトレーニングキャンプを準備中です。

 

f:id:goldonegolfschool:20181029195025j:plain

 決まり次第こちらのブログでもお知らせします。

お楽しみに!

目玉バンカーから寄せる打ち方

youtu.be

G1の中では特殊な打ち方です!急角度に上げといてパンッと打ち込みます!深いラフにスポッとはまってボールの周りに草の壁があるようなケースも同じ打ち方をします。

 

セッティングはオープンスタンスに構えといて、ボール位置は真ん中に置きます。バックスイングは右耳と右肩の間に上げといて、ボールの後ろに打ち込んで終わりです。

 

目玉のケースでミスするときは、リーディングエッジ(フェースの歯)でガツんっと打ち込んでフォローを出しちゃうとトップボールが出ます。こういう時ってかなりの力で打っていますよね。

 

そうならないように、リーディングエッジが地面に接地しない構えが必要。すなわち、フェースを開いてバンス(ソール下の尖った三角形)を出して構えます。ボールの後方に打ち込む時はフェースの裏面のヒール側のバンス部分なので、構えてる時もハンドダウンに構えます。

 

ピンまでの距離にもよるが、力一杯打ち込むというより、裏面でパンッと気持ち良い音を出す感じでも十分出ますし、ボールがフワッと上がります。

 

ボールがフワッと上がるには条件があります。ボールの後ろを裏面で急角度に叩く時に体幹が緩んで、軸が傾いてはダメなんです。空手の瓦割りをするときのように下半身を下へ押し込む力(ダウンフォース)と体幹がブレないように腹筋を使えると、目玉でも十分寄せられます!

失敗しないバンカー越えの打ち方 裏面ダウンとうねりで克服!

youtu.be

先日アップした裏面ダウンのバンカーショットはキャンプでも好評!皆さん、ハンドファーストの形でバンスをボールの下に滑らせる感覚が分かったようで、随分簡単にポンポンとナイスアウトできるようになりました!

 

これまでは上から打ち込んだり、手首を使ってヘッドを走らせてボールの下を切る打ち方、すなわちグリップエンドを支点にブラブラした打ち方を実践していたんですが、これで失敗していることに皆さん気がつき始めちゃったんです!

 

「やっぱり基本はシャフトが体に巻きついて、ハンドファーストで体の回転でスイングする」「インパクトは通過点に過ぎず、たまたまそこにボールがあっただけ!」なんです。ここにきてG1生徒の皆さんが革命的なイメージ改革に取り組んでいます!

 

アプローチにおける裏面ダウン(フェースが真上を向いたまま落下する打ち方)は球をフワッと上げることに卓越した能力を発揮します!ヘッドの重みでソールの裏面が右足横の地面に着きそうになったくらいに、体の回転で横から払ってボールの下に滑り込ませるショットです。アプローチもショットもヘッドのトゥ側を背中側に残したまま回転しちゃう感覚があります。

 

一般的にはインパクトでフェースをスクエアに合わせる・持っていくイメージが強いと思うが、実際は右肘を伸ばしてボールを突っついている動作なんです!右脇が開いて軸が左に突っ込んでいるので、ほとんどが地面に突き刺さるケースが多いんです。

 

アプローチの裏面ダウンは、体の回転で真っ直ぐテークバックしたら、せんべいをひっくり返すぐらいの感じで、右手のひらが真上を向いたタイミングでクラブの重みで右膝下まで落下。この時にヘッドの重みに合わせて下半身も沈み込み、クラブを背中側から引っ張ってきて、クラブのヒールを地面に接地させてバンスをボール下に滑らせながら回転していくんです。これをうねりと言います!

 

うねりは裏面ダウン時に背中越しを感じて、背骨を軸に背中を入れ替える感覚が大事で、グリップエンドが左腰横のスロットに引き寄せられる向心力とヘッドが円軌道の外側に膨らもうとする遠心力のバランスが取れた時は、ヘッドの抜けも良くフェースに乗せて運ぶ打ち方ができます。